白馬から唐松へ7月25~28

c0260463_18305047.jpg
3年越しに 白馬へ やっと来れました
初めてきたのは 息子が12歳の時一緒に 白馬から鑓温泉へ 8年前に久美子さん達と 雪渓から下山
今回は 唐松へ一人縦走です




c0260463_18312633.jpg
                荷物はできるだけ軽く 1gでも軽く! 省ける物はすべて省き
                水を入れて9k以下に
11日から縦走の予定が お盆があり行けなくなったので
                行かなきゃ! と思い立ち 一人で出発することに
c0260463_18314132.jpg
                一番楽に登れる 栂池からはいることにしました
c0260463_18315577.jpg
c0260463_18320683.jpg
栂池ヒュッテ宿泊
c0260463_18322087.jpg
明日から登る山々
c0260463_18323006.jpg
夕食をいただき
温泉に入り
就寝

7月26日晴れ(晴れ子健在)
5時出発
c0260463_18323624.jpg
すぐにキヌガサソウ
c0260463_18324992.jpg
誰も歩いてこないな・・・天狗原の湿原には ワタスゲの花が
「いちべい沼のほとりには・・・」ではじまる 「おたまじゃくしの101ちゃん」を思い出します
c0260463_21340194.jpg
              風吹大池にも一度行ってみたいところです
c0260463_18330352.jpg
c0260463_21344868.jpg
              白い石楠花
c0260463_21341653.jpg
               雪渓 雪も柔らかいし アイゼンはいりません
c0260463_21361514.jpg
c0260463_21352232.jpg
                  乗鞍岳に向かいます


c0260463_21364816.jpg
雪渓は3カ所 結構な距離 ロープがあり助かりました
振り返ると
c0260463_21370427.jpg
と戸隠山方面

c0260463_21434133.jpg
c0260463_21435394.jpg
c0260463_21440611.jpg
7:55乗鞍岳2436M

c0260463_21443466.jpg
大池が見えてきました
昔は渡し船があったそうで 船なら近いな・・
c0260463_21444898.jpg
c0260463_21450147.jpg
ヒオウギアヤメ

c0260463_21451790.jpg
イワシャジン
c0260463_21453706.jpg
c0260463_21455100.jpg
c0260463_21540298.jpg
船腰の頭
c0260463_21542781.jpg
これから進んでいきます
c0260463_21544568.jpg
ミヤマアズマギク
c0260463_21550029.jpg
お花の宝庫
c0260463_21552394.jpg
c0260463_21553824.jpg
チシマギキョウ

c0260463_21560094.jpg
小蓮華山2769M 鉄剣 11:12
c0260463_21561998.jpg
c0260463_21563572.jpg
白馬まで頑張ります
c0260463_22063274.jpg
お母さん
c0260463_22064433.jpg
子供達が4人
c0260463_22070099.jpg
もうヘトヘトヘト・・・
c0260463_22071628.jpg
景色になんとか励まされて
c0260463_22074236.jpg
振り返ると・・・
c0260463_22081166.jpg
蓮華温泉から登ってこられたお兄さん
今日は白馬山頂テント場
明日はこちらから朝日岳への予定らしい
写真を撮ってくださり
休憩も一緒にしたり


c0260463_22082740.jpg
朝日岳まで遠いですよね

c0260463_22084387.jpg
さあ 先を急ぎましょう
あの先がもうそろそろ頂上かな・・
励ましていただきありがとうございました

このあたりで
アサギマダラ発見!


c0260463_22090287.jpg
13:10 白馬登頂 2932M
c0260463_22091939.jpg
c0260463_22093946.jpg
下に小屋が見えました
c0260463_22095353.jpg
ウルップソウ 少し残って咲いてくれてました

c0260463_05134515.jpg
白馬頂上宿舎 今回は個室 
               天狗山荘まで行くつもりでしたが 昨年雪で崩壊した部分がありまだ営業が
               できてないので 明日は「帰らずのケン」三大キレットの一つを超えての長丁場
               ゆっくり休みます
c0260463_05135747.jpg
5時出発
c0260463_05141692.jpg

c0260463_05142778.jpg
唐松に縦走される
タケさん 女性と出会う
c0260463_05144518.jpg
本日も快晴
剱岳から 鑓まで見えてます 

c0260463_05145879.jpg
振り返って
c0260463_05160393.jpg
小屋を下に見て
c0260463_05161916.jpg
c0260463_05441546.jpg
あちらに向かいます
c0260463_05455864.jpg
c0260463_05461081.jpg
c0260463_05462800.jpg
あちらに向かいます
杓子岳スルー 巻き道を行きます
c0260463_05465093.jpg
c0260463_05470499.jpg
c0260463_05471658.jpg
c0260463_05472813.jpg
登るのは やはり つらい! なんでまたこんなことしてるのかな
c0260463_05474536.jpg
白馬鑓がみえてきました
c0260463_05475437.jpg

c0260463_05555840.jpg
白馬鑓7:10 2903M
c0260463_06035999.jpg
立山も確認
白馬鑓岳は リュックデポして登りました
それが・・・
元に戻らず
違う方向へ・・
頂上から 「どこへ行くの~~」 と声かけていただき
ありがとうございました!
リュック取りに戻れなくなるところでした
c0260463_06083891.jpg
槍も
c0260463_06085132.jpg
やつが岳 富士山
今回も富士山が見守ってくれてます
c0260463_06090403.jpg
素晴らしい景色 動けない
c0260463_04434858.jpg
あっちを見て こっちを見て~~

c0260463_06124101.jpg
白馬村 鑓温泉 唐松の分岐
ほとんどの人が こちらから鑓温泉方面へ7:53
c0260463_04410462.jpg
c0260463_04412830.jpg
先を歩かれる 台湾から来られた人
五竜に抜けるそうな 急がなきゃね!
c0260463_04414090.jpg
c0260463_04420484.jpg
c0260463_04424218.jpg
c0260463_04422962.jpg
c0260463_04425439.jpg
タケさん女史
c0260463_04431835.jpg
c0260463_04494017.jpg

c0260463_04523190.jpg
振り返ると・・

c0260463_04502922.jpg
先を行く二人・・
天狗山荘で食事をしてたお二人・・

なんか どうも これから先の唐松に行くのは 4人だけ???と思う私
c0260463_04572145.jpg
c0260463_04574955.jpg
天狗の大下り
c0260463_13494518.jpg



c0260463_04580437.jpg
先を歩かれるお二人
c0260463_13223064.jpg

c0260463_13490072.jpg
結構な下り
c0260463_13244472.jpg
c0260463_13231997.jpg

c0260463_04582449.jpg
スイスのあんずパワー
c0260463_04591284.jpg
ヘルメットの代わりに持参した
フェルトメットを装着(笑)

c0260463_04593872.jpg
キレットの始まり
どうも私達4人 集まりだしてきて
ここからなんだか一緒に行くことに 激下り

c0260463_12522265.jpg
若い 幼なじみさんで来られてたやっさんと まよさん(かわいいお二人でした)

c0260463_12524207.jpg
下ったと思えばまた登る
c0260463_13212458.jpg


c0260463_14092003.jpg
まだまだ!
c0260463_14084911.jpg
c0260463_14104825.jpg
気合い入れて!
c0260463_14103261.jpg
c0260463_14110792.jpg

c0260463_12545176.jpg
c0260463_12550802.jpg
c0260463_12554451.jpg
最後をまよさん登る
c0260463_12561927.jpg
ここが あの どうも はしごらしい!
c0260463_15092447.jpg
c0260463_15091300.jpg
これが梯子 渡りまして
c0260463_16270983.jpg
最高!


c0260463_12571475.jpg
c0260463_12572815.jpg
c0260463_12595842.jpg
c0260463_13000711.jpg
あちらから来ました
c0260463_13002074.jpg
うまく岩が引っかかってますね
ペンキ印が わかりづらく 私一人では 恐ろしかったと思います
c0260463_13003771.jpg
ぐるりとまよさん回り込んで
c0260463_13005911.jpg
帰らずのケン 一番の難所 突破かな

c0260463_13155655.jpg
c0260463_13162675.jpg
2峰北峰13:24 これで危険箇所は終了

c0260463_13165708.jpg

13:48

ここからは ひたすら登って 3峰はどうも頂上を踏むのではなく 巻くのだったようです

もうへとへとに登り
なんか 頂上のような
c0260463_15153446.jpg
           年配の方々がたくさんいられて 「ここは唐松ですか」とお聞きすると
           はいはい ここに来て早く写真写しなさい カメラは? はい立って!
                 パチリ!

           なんか ・・すごく歓待されたような・・・よくまあ来なさったと・・・
           私達4人次から次へ 全員 ヒーローのように 接していただきました(恐縮)

c0260463_15203891.jpg
               14;40 唐松岳 2695.8 登頂 

c0260463_15231886.jpg
                仲良く歩いてくださった タケさんと

本日は 唐松小屋に宿泊することに
c0260463_15354963.jpg
c0260463_15360392.jpg
       ご褒美です

7月28日
c0260463_15411132.jpg
c0260463_15501765.jpg
下山名残惜しいですね
c0260463_15413194.jpg
c0260463_15415188.jpg
c0260463_15421775.jpg
c0260463_15424426.jpg
c0260463_15511435.jpg
唐松小屋 4回目はあるかな・・

c0260463_15425883.jpg
c0260463_15431511.jpg
c0260463_15433865.jpg
c0260463_15435924.jpg
c0260463_15445581.jpg
扇雪渓
c0260463_15451595.jpg
c0260463_15452835.jpg
c0260463_15454330.jpg
c0260463_15455581.jpg
c0260463_15461925.jpg
c0260463_15463582.jpg
c0260463_15464514.jpg
朝食をとって無かったので
ここでと思いバーナーに火を付けて
雨粒が・・
台風の影響で降ってきたら困ります 急ぐことに


c0260463_15505894.jpg

私達ここから歩いてきたんだよーー♪


c0260463_15465973.jpg
c0260463_15471194.jpg
戸隠も一夜山も 妙高も  全部見えて しあわせ!

c0260463_15493057.jpg
ご褒美 ビュイーーン!

お花畑の上をラクチン

c0260463_15494104.jpg
c0260463_15513855.jpg
八方温泉でまったりしてから
やっさんと タケさんは バスに乗ることに
私達マヨさんとは電車で一足早く
彼女たちは2時過ぎまで お昼寝タイムに
起きれるかな・・
と話してた通り
バスに乗り遅れ
親切な運転手さんでよかった 戻ってくださったそうで
よかったね!
すべてよしの
楽しい縦走でしたね
c0260463_15504203.jpg
12時26分発 松本行きに乗車
c0260463_15515103.jpg

松本からしなの 乗車
マサさんは 座席指定別々に
名古屋で乗り換え19時帰宅

今回も途中でいろんな方々に
登りのへとへとの時も助けられ
道迷いかけたときも 声かけていただいたり

ありがとうございました

唐松まで特に一緒に歩けた 3人の女性には感謝いたします







































 





トラックバックURL : https://kiginonaka.exblog.jp/tb/29661468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Сialis at 2018-08-25 08:18
タイトル : Сialis
白馬から唐松へ7月25~28 : 希樹の中へ... more
by kiginoku-kan | 2018-07-24 19:04 | | Trackback(1) | Comments(0)

自然の中に溶け込んで


by kiginoku-kan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る